食事制限により減量をする

減量を確実に行う際に大事なことは、日々の食事内容の改善ではないでしょうか。どのような食事制限をすれば正しい減量ができるのでしょうか。食事制限によって減量を目指す場合、決して無理のない目標を立てることが大切です。健康を維持するためには、成人した女性は2000kcalが一日の摂取量となります。500キロカロリー減らして週に500グラムずつ減量するのが理想的だといいます。減量に取り組む時の目標設定は、今の体重の15%減くらいを目指すとちょうどいいでしょう。極端な減量は健康を害します。減量するための食事でおすすめなのが和食を中心としたメニューです。主菜は魚貝類、副菜は野菜や海草、キノコなどを使います。おやつを食べる時はフルーツや低脂肪牛乳がおすすめです。減量中でも毎日の食事でタンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンの5大栄養素は必ず摂取するように心がけましょう。減量を目的としてカロリー制限をした結果、カルシウム不足で骨粗しょう症になる場合もあります。特にビタミン、ミネラルは不足しないように気を付けましょう。カロリー制限をしながらも、満腹感のある食事をするためには、食材にひじき、こんにゃく、キノコなどの低カロリーの食材を積極的に使って料理をすることです。おいしく食事を摂りながら無理のない減量をしていきましょう。

食事療法による減量の方法

減量のために食事療法をしなければならないことがあります。肥満度の高い人ほど、長期の食事療法が必要になります。心臓や肝臓に合併症がある場合には、医師に相談してから減量を行う必要があります。減量を目的とした食事療法には、減食療法など、様々なアプローチがあり、まずどれをするかが大事です。食事は普通食ですが、メニューを工夫して糖尿病食に近づけます。1日1200〜1800キロカロリーに抑えるようにします。よりカロリーを下げるには、低エネルギー食になります。1日600kal〜1200kalの食事になりますが、これは相当大変なものです。家族や周りの人の理解も不可欠になります。ビタミンが不足しないようにビタミン剤を摂取します。アルコールは摂取できませんし、砂糖や油脂量も限定されます。食事療法をきちんと実践することができれば、3か月で10キロ程度の減量が可能です。可能な限りの超低エネルギー食を実践することで、より切りつめた食事療法も存在します。超低エネルギー食による食事療法は、素人が一人でできるものではありません。医師の指導のもと、管理栄養士が栄養指導をしながらそれぞりの人に見合った減量方法を提示します。肥満度が高く健康にも影響を及ぼしかねないという人は、一度医師に相談したうえで、食事療法による減量にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

食事制限で減量をするコツ

食事量を減らすことと、適切な運動をすることが減量には必要ですが、食事を減らすのは結構難しいものです。食事制限で上手に減量をするコツはあるのでしょうか。減量中の場合、食事の量を減らすことが大切です。食事のトータル量が減る代わりに、質のいい食事をつくることがコツです。量が減ってもさみしい思いをしなくて済むようになります。大量のスナック菓子を食べるのではなく、美味しくてちょっと高級なお菓子を少し楽しむという具合です。食事量を減らす方法に、一つの場所でしかものを食べない習慣をつけるというやり方もあるようです。なかなか減量が成功しない人の多くは、何かをしながら食べていることが多いといいます。運転中はジュースを飲んでいる、テレビを見ている時は何かをつまんでいるといったスタイルで間食していると、食事制限はうまくいきません。ダイニングテーブルなど食事や間食を摂る場所を決めて、食べることに集中すると食べ過ぎを防ぐことができます。食事は取りすぎず、腹八分目でやめておくことは、胃のサイズアップ予防になり、減量にも一役買います。慣れないうちは物足りないかもしれませんが、だんだんと身体が慣れてきます。お腹が一杯になるだけの食事から脱却することが減量への第一歩です。減量のために食事を減らすためには、無意識のうちに物を食べているという不健康な生活習慣の見直しも大事になります。習慣はエスカレートしやすいものなので気を付けましょう。ちょっとした工夫で食事制限による減量を達成すすることができるので頑張りましょう。